急に残業が増えたら浮気をしているかもしれないので調査が必要です

急に残業が増えたら浮気をしているかもしれないので調査が必要です

旦那が浮気をしているかもしれないと疑う理由はいくつあります。

 

その中でもいきなり残業が多くなってしまったら浮気を疑うことでしょう。

 

以前まではそれほど残業をしていない仕事なのに、急に残業が増えるということは部署が変わるか受注が多く入って忙しくなるからという理由です。

 

たとえば、部署が変わって急に残業が増えたということなら、納得はできます。

 

関係がうまくいっている夫婦なら仕事がどういう状況で進んでいるかなどは話し合っているので分かるでしょう。

 

しかし、何も話がないまま急に残業が増えたとなると、どこかで浮気をしているのではないかと疑うのは当然のことです。

 

怪しいからといって会社に電話をして本当に残業しているのか確かめるのはどうかですので、こうなってくると素行調査が必要になります。

 

そこで、探偵に素行調査をしてもらうといいでしょう。

 

旦那も家に帰ると浮気がばれないように振る舞うことは確実です。

 

そこで感情的になって問い詰めてしまうと、まず浮気を見つけることはできません。

 

ですので、探偵に素行調査をしてもらうことで確実に浮気をしていることを確かめる方法ができます。

 

探偵には、必要な情報を細かいことまで伝えておくといいでしょう。

 

特に、曜日によって帰宅時間が違うなどを伝えておけば探偵の方も仕事がしやすくなります。

 

残業している時間帯でしか浮気相手と会っていないのでしたら、探偵の人もすぐに結果を出してくれるは間違いありません。