探偵に依頼する時にどこに依頼したら良いか選ぶポイント

多くの方が色々な理由にて探偵に依頼しようか悩むハズです。浮気調査や素行調査、行方不明者の捜索等多くの理由があります。

 

しかし一口に探偵といっても世の中には数多くの探偵事務所が存在している為、どこに依頼したらよいか解らないものと思われます。そんな探偵に依頼する時に選ぶポイントについて掲載していきます。

 

まず営業実態が確かなのかを確認する点です

探偵の事について素人は全く解らないものとなっています。依頼した探偵が本物なのかさえ解らないものです。そこで公安委員会から探偵業を営むにあたり許可証となっている探偵業届出証明書が発行されているかの確認が必須となってきます。この探偵業届出証明書がしっかりと発行されている探偵であるならば事務所に掲げているのでまずはそこを確認する事が大事となってきます。

 

次に過度の行為により行政処分を受けた過去が無いのかの確認です

 

探偵業届出証明書を掲げて営業していても過去に過度な調査によって行政処分を受けた業者なのかを確認する事が重要となってきます。せっかく高額な調査費用を支払い依頼したとしても、対象者に迷惑を掛けたり法律に反する調査を行ってしまえば営業停止処分にも該当してしまう為途中で調査が終了してしまう可能性も考えられるのです。過去にそのような処分を受けた業者は警察庁のホームページに掲載されるので依頼前に確認する事が重要です。

 

探偵を選ぶ際にはさまざまな事に要点を置き、選ぶ事が大切となってきます。

 

浮気の確信が高まった時には探偵に素行調査の依頼を

夫婦であればちょっとしたパートナーの異変にも気付くものですが、それが何を示しているのかを知るところまでは難しいものです。浮気をしているのではないかという疑念があったとしても、夫側は日中妻の様子を監視することができるわけではありませんし、妻側も夫が会社に行っている間のことを知ることはできません。

 

間接的に浮気を臭わす材料というのは手に入れることができても、直接浮気をはっきりさせることは簡単なものではありません。素人が尾行をして真実を究明しようとしても上手く行くものではありませんし、いつ浮気をしているのかもわからずそもそも浮気をしているのかもはっきりしていなければ、徒労に終わってしまうものです。

 

また、相手に顔が割れているわけですから尾行をするのも簡単なものではなく、相手が浮気をしていて警戒していればなおさら真相をつかむのは困難になってしまいます。

 

そのような時には探偵に素行調査を依頼して、事実をはっきりさせるのが最も良い解決法となります。探偵に依頼をするとなれば当然費用が発生して、これがかなりの金額となってしまうものですが相手を疑ったまま夫婦生活を続ければ、どちらにしても最終的には不幸な結末が待っている可能性が高くなってしまいます。

 

そのため、疑いを持ってしまったら事実をはっきりさせるために探偵に依頼をして、まずは真実を知るところから始めることが重要となるのです。真実がわかればその後どうするかを決めやすくなりますから、浮気の確信が高まった時には真実を知るために素行調査をしてみるのも良いでしょう。